スタッフブログ

これからの時期に…

みなさまこんにちは🙋🙋‍♂️
 
本日の宝塚市内は雨が降ったり止んだり、すっきりしないお天気ですね😥
みなさまお車の運転にはご注意くださいませ🚗🚕🚙
  

さて、こんな雨の日に多くなるお問い合わせが『ワイパーのビビり』でございます⚡⚡
みなさまも一度はご経験があるのではないでしょうか❓
拭き取る途中で“ガガガ”と引っかかるような、、鬱陶しい、、あれです😑
 
この鬱陶しいワイパーのビビり。Audi車は特になりやすいそうです。。


以下、ベテランメカニックさんに詳しく聞いて参りました(・∀・)/
⬇⬇⬇
Audi車は、ドイツ🇩🇪でのアウトバーン走行に耐えられるよう、もともとワイパーブレードの押さえる力が強くなるよう設計されています(押さえる力が弱いと、高速走行時にブレードが浮いてしまいます)。ですので、少しの油膜や汚れ、ワイパーゴムの劣化でも引っかかりやすくなるのだそうです。市販のウィンドウ撥水コートでもワイパーAnd ゴムとの相性が悪いとビビりの原因になります。
 
油膜は、ボディのコーティング剤やワックスが溶け出し流れてきたものや、大気中の排気ガスなどが原因で形成されます。
通常、ワイパーのビビりでご入庫されたお客様には油膜取り剤で磨いたり、ワイパーゴムが劣化していればお取替えにて対応させて頂いております。
 
しかし、今回おすすめしたいのが当店で推奨しておりますウィンドウ撥水コーティング、その名も『ハイパービュー』🤩🤩
市販の撥水コート剤とはワケが違う‼‼(らしいです)
 
市販のコート剤のもち(寿命)は約1ヶ月~2ヶ月ほどであるのに対し、ハイパービューは使用頻度にもよりますが約1年❗(メーカーによる正式なデータでございます)。
さらに、市販のものは、わかりやすく言うとガラスの表面に油を塗っているようなもの。らしいのですが、ハイパービューは分子レベルで薬剤を溶着させるので、もちもよく、ビビることも少ないそうです。例えて言うなら、ハスの葉のような感じだそうです。ハスの葉は産毛のような細か~い毛が無数に生えており、水をはじくというより、表面張力により水はコロコロとした水滴になります。これを『ロータス効果』というそうです。ひとつ勉強になりました(笑)
 
さらに、ハイパービューの施工と同時に撥水コート用のワイパーへの交換もおすすめしております👍これにはワイパーゴムにビビり止めの特殊コーティングが施されておりますので、撥水コートとの相性もよく、よりビビりにくくなっております👌
 
これから梅雨の時期☔に向けて、備えの施工はいかがでしょうか❓
お問い合わせお待ちしております(^-^)/